目標のために努力できない人の理由と改善方法を説明する

f:id:Shun_Yuki:20160908122946j:plain

こんにちは、石田祐希(@yuki1y1m)です。

 

目標があるからこそ頑張ることができ、頑張ることにはなんでも目標があると思います。

 

目標は、努力の成果の指数だったり、成功の形だったりと目標にもいろいろあります。

 

でも、いざ目標を決めてもなかなか努力ができないこともありますよね。

 

今日は、その目標を設定してもそこに向かっていけないことの理由と改善方法をお教えします。

 

 

目標を達成することを目的としてはいけない。

 

目標を決めることでありがちなのが、目標を達成することを目的としてしまっていること。

 

目標を達成するためにやってるんだけど、それを目的にしてしまうとなかなか続かない。

 

どういうことかっていうと、ぼくのこのブログの目標が100万PVだったとします!

 

でも、100万PVなんていけるかわからないし、いつまで頑張ればいいかもわからない...。

 

それなのに100万PVを達成するためだけに頑張っていたら続くわけがないですよね。

 

ぼくがこのブログで記事を書けているのも文章を書く楽しさだったり、

誰かに伝えることの楽しさを味わっているからできているんです。

 

なので、目標は設定することは大事だけれど、

 

目標を達成することを目的にするんじゃなく、努力するものとしっかり向き合うことが努力を続けるコツ!

 

目標達成率を格段にあげる秘訣

 

ぼく自身これを実践することで目標の達成率がグンと上がりました!

 

それは、本来の目標の120%のことを目標にするということ。

 

人間っていうのは無意識のうちに自分の力を抑制してしまっています。

 

100%やろうと思っても、できるのは80%くらいになってしまうものです。

 

それなら120%のことを最初から目標にしてしまえばいいんです!(無理やり)

 

やっぱり、目標を設定しても「これくらいでいいや」とか「今日はこのくらいで」と早々に努力をやめてしまう。

 

なら、それを前提に目標を設定すればいいんです。

 

例えば、テストだって100点をとろうと思ったら120点とろうと頑張ればいい。

 

テスト用紙に書かれないようなことまで覚える気でいけば、絶対100点とることができる。

 

ぼくはそれで赤点を回避してきましたよ!!

 

 

まとめ

 

目標を達成することは簡単じゃありません。

 

でも、目標を達成できたときの喜びは歓喜するものです。

 

お互い目標を達成できるように頑張りましょう!では!

広告を非表示にする