この18年間、全く政治に関心がなかったぼくが選挙にいく理由。

f:id:Shun_Yuki:20160629120822j:plain

こんにちは、石田祐希(@yuki1y1m)です。

  

さぁ、そろそろ参議院選が近づいてきました。まだ、選挙区での候補者の人がどんな人かもまだ知らないんですよね。ヤバイヤバイ。

 

そんなぼくは、選挙に行く気満々です。

はっきり言って、18年間政治には全く興味なかったです。

 

まぁ、実際選挙に行ったって何にも面白いことなんてないですし、政治のことがわかったって政治家にならない限り自分で社会は変えれないですからね。

当然、政治は難しいし、だからって政治について学ぶのもめんどくさい。

 

でも、最近よくニュースを見るようになって政治を知らないことへの危機感を持つようになりました。

あと、たかだか選挙なんだからそんなに深く考える必要なんてないんですよね。

 

今日はそんな話です。 

急に選挙にいく気になった理由。

ぼくが選挙にいく理由は2つあります。

 

10代、20代ってとくに政治に関心がないって言われてますよね。興味はあるけれど政治は難しいし誰に投票をしていいか本当にわからないんですよね。

 

ぼくも、実際政治のことなんて最近まで全く関心なんてなくて、今まで通りの関心度だったら、舛添さんのことも知らなかったかもしれない。もしかしたら、イギリスとEUのことも知らないまま過ごしてたかもしれない。

 

でも、イギリスで起こってることが日本にも大きな影響を与えてる。

知らない間に大変なことが起こってるんだってことがわかりました。

 

だから、1つ目は政治について知らないことはこわいことだってわかったからです。

 

もう1つの理由は、社会を良くしようとしている人を応援したいからです。

 

政治家ってあんまり良いイメージを持ってる人は少ないと思います。とくに10代、20代は政治家になりたいなんて人は滅多にいないと思います。

 

でも、政治家で問題を起こしている人は、ほんの一部の人でしかないんです。メディアは、大きなニュースになることを基本的に取り上げますから。

 

政治家が良いことしたって全然誰も知らないまま終わってしまうんですよね。

 

ぼくの友達のお父さんに、選挙に出ていた人がいました。

自分の子供もいい年なのに、借金までつくって政治家になりたかったそうです。

 

他に目立つ方法やお金を稼ぐ方法なんて今の時代いくらでもあるのに、政治家になって社会を自分の知らない間にも良くしようとしてくれる人がいる。

ぼくはそういう人を応援したいです。

 

選挙なんか軽い気持ちで。

深く考えすぎないで、選挙なんか軽い気持ちで投票しちゃえばいいんです。

 

だって、政治家にとっても選挙は政治家になるための方法、手段でしかないですから。選挙で当選するために選挙に出るんじゃなくて、政治家になって何か変えるために政治家になるんです。

 

だから別に選挙なんか軽い気持ちで、直感で良さそうな人に投票しちゃえばいいんです。

 

ぼくは応援したいって気持ちで投票します。

 

たぶん、皆さんも今でもCDとか買う人いますよね?

ネットに繋がっていれば、スマホ、パソコンがあればYoutubeとかで聞ける時代なのに。

それは、いい音源で聴きたいからとかそんな理由じゃなくて、アーティストを好きだから応援したい気持ちで買ってるという人が多いんじゃないかって思います。

 

ぼくも選挙はそんな気持ちで投票します。

ぼくにとっての選挙はそんなものです。

 

選挙は、必ずしも行かないといけないものではないってことは、そんなに重要なことじゃないと思います。

あとがき

ついに、ブログで顔出しをしました!

ぼくの顔を見たい方は、スマホの方は、もう少し下に。PCの方は右をご覧ください。

見たくないよって方は、これからはなるべくスマートフォンで記事より下にはいかないようにお願いします。

 

では。

今日はこんな感じで!

広告を非表示にする